読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誤報とはいえない「中学武道に銃剣道を追加 体育で「異性への関心」は残る」

朝日新聞
2017年3月31日
中学武道に銃剣道を追加 体育で「異性への関心」は残る

(引用者注:小中学校の新学習指導要領と幼稚園の新教育要領に)「学校や地域の実態に応じて種目が選択できるよう」として、中学の武道に新たに「銃剣道」を加え、武道9種目を示した。

http://www.asahi.com/articles/ASK3Z31FPK3ZUTIL005.html

1 報道内容に事実に反する部分があるか(Y/N)
2 それは報道内容の主旨に影響するか(Y/N)
3 報道時点の既知の事実から合理的に推論できる内容か(Y/N)

1=N、2=NE、3=Y
判定:誤報とはいえない

「中学の武道に新たに「銃剣道」を加え」という部分は、新学習指導要領に明記されたことを意味しており、従来も「学校や地域の実態に応じて種目が選択」できる状態ではあった。ただし、その根拠は指導要領解説「保健体育編」の巻末参考資料に、日本武道協議会加盟団体の実施種目のひとつとして提示されている程度で学習指導要領本体に明示された場合とは、受ける印象が大きく異なる。新たに明示されたのは銃剣道のみではないが、武道必修化の流れと2月の中学校学習指導要領案では消えていた銃剣道が最終的に復活・追加されたことは、安倍政権の政治姿勢や背後の政治団体・ロビー団体の動向とあわせて報道機関が重視して当然の内容にすぎない。

朝日新聞は翌4月1日に以下のような記事を出しており、文中を考慮すれば、従来選択できなかった銃剣道が選択できるようになったと解釈する余地はない(実際に公立中1校が授業で実施していることを翌4月1日付の朝刊で報じている)。
中学武道に追加の「銃剣道」とは? 旧日本軍訓練の流れ(水沢健一、宮嶋加菜子、2017年4月1日05時01分)

当該朝日新聞記事に対してミスリードだという指摘があるが、これに対する回答も適切で問題はない。

(Re:お答えします)銃剣道、中学指導要領に(2017年4月7日05時00分)


続きを読む