読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誤報判定処理(仮)

誤報判定 産経新聞

2017年1月11日
産経新聞
【釜山・慰安婦像設置】慰安婦像は少女像にあらず 菅義偉官房長官「問題視しているのは慰安婦像」(2017.1.11 18:59更新 )

「韓国側には慰安婦像を「少女」として描くことで、旧日本軍の残虐性を強調する狙いがある。」
犠牲者を象徴する際に「少女」を用いるのは珍しくない手法であり、性暴力被害者を象徴する場合はなおさらである。設置者がどのような意図で「少女」にして描いたかについては産経新聞の憶測以外の根拠が明示されていない。
ビルマ(現ミャンマー)で捕らえた朝鮮人慰安婦から聞き取り調査して作成した報告書によると、調査対象となった女性20人の平均年齢は23歳で、最年少は19歳が1人いるだけだった。」聞き取り調査の時点で連行から2年経過していたことが知られており、産経新聞の記事はその点について触れていない。また、挺対協の報告書にある元慰安婦らの連行時点での年齢は大多数が20歳未満であることを考慮すれば、産経新聞がその存在を無視して「韓国側はこうした事実関係を無視」していると記述するのは触れるべきデータに触れていないと言う点で改竄あるいは捏造というにふさわしい。
慰安婦像は少女像にあらず」とのタイトルについても記事中の菅官房長官発言の主旨とは言えず、不適切である。

1 報道内容に事実に反する部分があるか(Y/N)
2 それは報道内容の主旨に影響するか(Y/N)
3 報道時点の既知の事実から合理的に推論できる内容か(Y/N)

1=Y、2=Y、3=N
判定:誤報

2017.1.11 18:59更新

【釜山・慰安婦像設置】慰安婦像は少女像にあらず 菅義偉官房長官「問題視しているのは慰安婦像」

 菅義偉官房長官は11日の記者会見で、昨年末に韓国・釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像について政府が「少女像」と呼んでいることに関し、「政府として問題視しているのは慰安婦像のことで、そういう意味で『慰安婦の少女像』あるいは『少女像』ということに尽きるのではないか」と述べた。あくまでも呼称ではなく、慰安婦像の存在そのものが問題だとの見解を示したものだ。
 韓国側には慰安婦像を「少女」として描くことで、旧日本軍の残虐性を強調する狙いがある。このため、日本政府が「少女像」と呼ぶのは不適切との指摘が出ていた。
 韓国では、多くの10代前半の女性が旧日本軍によって強制的に連行されて慰安婦にされた-との主張が横行している。しかし、日本政府の調査などでは、「少女」と呼ばれる年代の女性が慰安婦になったことは裏付けられていない。
 実際、米軍が昭和19(1944)年、ビルマ(現ミャンマー)で捕らえた朝鮮人慰安婦から聞き取り調査して作成した報告書によると、調査対象となった女性20人の平均年齢は23歳で、最年少は19歳が1人いるだけだった。ただ、韓国側はこうした事実関係を無視し、慰安婦の「性奴隷説」や「20万人説」を国際社会で流布し続けてきた。
 外務省筋は「像自体が少女をかたどっているのは事実。政府は“いわゆる”という意味で『少女像』という言葉を使ってきたのが実情だ」と説明している。

http://www.sankei.com/politics/news/170111/plt1701110027-n1.html